メンバー

園田 博美(そのだ ひろみ)<代表>
(株)ワーク・ライフバランス社 加盟コンサルタント
  • 株式会社キャリア研究所  代表取締役
  • 国家資格 キャリアコンサルタント
  • 米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
  • 日本キャリア開発協会認定ピアファシリテーター
  • 国家資格・2級キャリアコンサルティング技能士
  • ダイバーシティ・ファシリテーター

大学等の学校教育現場では、卒業後のキャリア形成を踏まえてどのように「働きたい」のかを考える視点としてワーク・ライフバランスを。
また、企業・団体等においては「組織の発展に当事者意識」を持ち、個人と組織が共に発展するための意識改革セミナーなどを実施。
一人ひとりの多様な働き方が実現できる、無駄な残業時間を削減し生産性高く仕事をするための組織活性化のご支援を専門としております。

ライフでは、福岡県内の日本酒の発展に力を入れ、また、プロバスケットボールチーム「ライジングゼファーフクオカ」のスポンサーとしてB1昇格を目指しています。
子育てと仕事の時間を大切にしながらも、NPO法人を立ち上げ、地域の学生と中小企業の発展にも尽力しております。

倉富 玲子(くらとみ れいこ)
(株)ワーク・ライフバランス社 加盟コンサルタント
  • コンサルティングオフィス しごととわたし 代表
  • 特定社会保険労務士
  • ヘルスコーチジャパン コーチ資格
  • 平成28年度厚生労働省委託事業 介護プランナー

出産後、仕事との両立や人間関係に自身が悩んだこと、また社労士として企業様と関わる上で、どうしても企業側からのアプローチとなり解決しない問題を経験したことから、双方に有効である「ワーク・ライフバランス」を学び始めました。企業への支援として、助成金を活用した働き方見直しコンサルティングを行っています。
また、個人への支援として、カフェでリラックスしながら受講できる「ワーク・ライフバランス カフェ講座」を定期的に開催しています。

ライフもワーク・ライフバランスに関する読書や仲間との学びで日々充実しています。
また、年に数回の家族旅行が楽しみで、子どもが大きくなったら海外旅行をと思っています。

西平 睦美(にしひら むつみ)
(株)ワーク・ライフバランス社 認定コンサルタント
  • にしひら社会保険労務士事務所 代表
  • 社会保険労務士
  • 産業カウンセラー
  • 一般財団法人女性労働協会 認定講師
  • 平成28年度厚生労働省委託事業 育児プランナー

ワーク・ライフバランスを学び、劇的に私生活が変わった経験から、ワーク・ライフバランスの必要性を伝える活動を行っています。妊娠、出産で公務員のキャリアをリタイアした後悔、子育てをしながら再就職する難しさ、仕事と育児・介護のダブルケアを自身が経験し、個人が生き生きと働き続けるための支援を、企業側と労働者の両側から行う社労士として活動中。
ライフでは、子育てがひと段落したところで、実母の介護と格闘中。愛犬に癒され、たまの温泉、たまの映画、たまの気が置けない友人とのひとときを、こよなく大事にしています。

吉岡 和佳子(よしおか わかこ)
(株)ワーク・ライフバランス社 加盟コンサルタント
  • クラスペディア 代表

陣野 純子(じんの じゅんこ)
(株)ワーク・ライフバランス社 認定コンサルタント
  • 国家資格 キャリアコンサルタント
  • 国家資格・2級キャリアコンサルティング技能士

大学を卒業後、IT系の会社でシステム開発の技術職を経て私立大学へ転職し、総務課での労務管理、学生の就職支援、大学の企画・広報などを担当。開発技術職と事務間接業務の両方の立場の視点からキャリアコンサルタントとして人の「長所」・「強み」を引き出すことを得意としております。変化が激しく多様性に富んだ現代の企業環境で個の「強み」を活かして組織全体の生産性を上げるお手伝いが出来ればと思います。
ライフ(趣味)は娘のための「キャラ弁」作りと国内外の車についてウンチクを語ること。長崎市在住。

福成 有美(ふくなり ゆみ)
(株)ワーク・ライフバランス社 加盟コンサルタント
  • 株式会社アテンド 代表取締役 
  • NPO法人ヘルスコーチジャパン プロコーチ
  • 一般社団法人アンガ-マネジメント協会
    アンガ-マネジメント・ファシリテーター
  • インターナショナル魅力学協会 魅力学インストラクター
  • 日本能力開発機構 メンタル心理カウンセラー
  • 佐賀県商工会議所 専門家

佐賀県内の自治体、企業、医療・介護施設など多業種のコンサルティングを手掛ける。
ワークライフバランス推進に必須となる、ホスピタリティコミュニケーション、リーダー研修など、企業の課題に合わせたオーダーメイド研修を実施。年間200回程の登壇機会を持つ。
親友を亡くした経験から、がん患者の支援に力を入れており、仕事と療養の両立に関しても思い入れが深い。


鏡 照美(かがみ てるみ)
(株)ワーク・ライフバランス社 認定コンサルタント
  • 株式会社せいじつ会計 取締役
  • 日本プロカウンセリング協会 心理カウンセラー2級
  • 公益財団法人 実務技能検定協会 ビジネス実務マナー検定2級

15年間の税理士事務所勤務をはじめ様々な職業経験を経て、現在経営コンサルタントとして、現場の見える化、経営の見える化、シンプル経営管理による業績改善をおこなっています。経営者の良きパートナー・参謀役となって活動中です。「企業は人なり」の言葉の通り、経営全体におけるワーク・ライフバランスの重要性を強く感じており、経営の最終目的となる「関わる人々の幸せづくり」が実現できるよう、これからもワーク・ライフバランスの推進に頑張っていきます。


比嘉 華奈江(ひが かなえ)
(株)ワーク・ライフバランス社 加盟コンサルタント
  • 株式会社 Life is Love  代表取締役
  • 日本教育推進財団 認定コミュニケーション・トレーナー

大分県出身、1998年沖縄へ移住。14年間航空会社の客室乗務員を勤めていました。
企業様の働き方見直しコンサルティング実績を多数有しており、クライアント企業様は医療業・士業・不動産業・ 旅行業・製造販売業・IT 通信業・建設業など多岐に渡ります。
また、働き方改革には必須であるコミュニケーション力の向上を重視し、マネジメントを視野に入 れた管理職研修やチームビルディングの研修、また女性活躍推進研修などを行っています。 企業支援数100社以上、延べ人数は 3500人を超えています。
沖縄県ワーク・ライフバランス推進事業の受託を始め、複数の市町村の男女共同参画委員会のメンバーなども勤めています。


藤原 千晶(ふじはら ちあき)
(株)ワーク・ライフバランス社 認定上級コンサルタント
  • 株式会社ワークライフシナジー研究所 代表取締役

16年の金融機関勤務で、融資や資産運用など相談業務、広告宣伝をはじめ営業企画業務を担当する。金融機関での接客業務や企画運営業務を通してコミュニケーションの大切さを実感し、『産業カウンセラー』『コーチング』の資格を取得、窓口業務、教育業務に活かす。
その後、組織活性化コンサルタントコーチ、研修講師として独立。

2017年3月『「ワーク」と「ライフ」とがシナジー(相乗効果)を生み出し、誰もが本来持っている可能性を発揮できる社会作りに貢献したい』という想いで(株)ワークライフシナジー研究所を設立。働き方改革コンサルタント、組織活性化コンサルタントコーチ、研修講師として活動中。

【得意分野】

  • 働き方改革(セミナー、コンサルティング)
  • 組織風土改革
  • コミュニケーション力向上研修
  • リーダー育成研修
  • メンター育成研修
  • ストレスマネジメント研修


峰松 弘子(みねまつ ひろこ)
(株)ワーク・ライフバランス社 認定コンサルタント
  • 一般社団法人長崎キャリア支援センター 代表理事
  • 中小企業庁ミラサポ登録支援専門員
  • 経営技術基盤・強化支援事業長崎エキスパートバンク専門家登録者
  • 国家資格 キャリアコンサルタント
  • 職場適応援助者(ジョブコーチ)
  • 産業カウンセラー
  • 認定心理士

長崎生まれの長崎育ち。学校現場で支援が必要な子どもの通級学級を担当したことがきっかけで その後の就労が進まない現実に戸惑い 病気になっても障がいがあっても働きたいと希望する全ての人の働く場を創り出したいと社会貢献団体「ジョブマッチネットワーク長崎」を設立。3年後、企業の中の働く環境を整え生涯にわたり健康で働き続けるキャリア形成をサポートする「一般社団法人長崎キャリア支援センター」を設立。また、長崎県職業能力開発協会 キャリア形成サポーターとして厚生労働省委託事業「キャリア診断サービス」・「キャリアカウンセリング」を担当しました。
これらの経験から多種多様な人が様々な商品やサービスを提案し、企業も人も成長するワーク・ライフバランスの推進が日本の働き方を変え 充実した人生を送ることが出来ると考えています。皆様と共に成長していきたいです。どうぞよろしくお願い致します。


廣門和久
廣門 和久(ひろかど かずひさ)
  • 中小企業診断士
  • 合同会社シェアリング 代表社員
  • 和み経営コンサルティング 代表

現在、ワークライフバランスコンサルタントの他、中小企業の経営コンサルおよびIT開発・導入、Webマーケティングなどを通じ、働き方改善に取り組み、利益の出せる会社への転換をサポートさせて頂いております。
自身もサラリーマン時代に月間200時間を超える残業および体調不調を経験したことから、同様に経験をする従業員を減らしたい、またさせてしまう企業を減らしたいとの思いで活動しております。